人生の季節サイクルを活用して、人生の波に乗る「春夏秋冬理論」公認講師による、春夏秋冬理論の実践記録ノート。
更新情報

人生の波にのる

春夏秋冬理論で中学校受験に合格「した」方法

合格祈願

春夏秋冬理論の活用方法には様々なものがありますが、今回、中学受験にも効果を発揮することを証明しました。

春夏秋冬理論は、この世のすべてに影響を与える自然のサイクルを、誰もが活用できるようになるツールですので、効果があることは自信があったのですが、実際に合格するまでは、どうなることかと思いながら、春夏秋冬理論の指導をしていました。

 

では、実際に、どのような指導をしたのか?

まずはじめにやらなければならないことは、受験生の生まれの季節を把握することです。

春夏秋冬理論では、誕生日からその人のサイクルを算出して、生まれの季節を判定します。

この生まれの季節、というのは、8月に生まれたから夏生まれ、というものではありません。

例えば、この記事を書いている西山は12月生まれですが、春夏秋冬理論では夏生まれです。

ですので、まずは判定ツールを使って、受験されるお子さんの生まれの季節を把握します。

 

生まれの季節を把握するのとによって、その子の基本的な気質、というものがわかります。

その気質に基づいて、受験の指導をしていくようにします。

(※生まれの季節ごとの基本気質については、後日、記事を書いてアップしておきますので、少々お待ちください)

 

続いて、現在過ごしている季節=春夏秋冬サイクル=12年サイクルを把握します。

こちらも、判定ツールで簡単にわかります。

これにより、現在、その子がどのようなエネルギーレベルにいるか?ということがわかります。

(※エネルギーレベルについても、後日、記事をアップしておきますので、少々お待ちください)

エネルギーレベルが低い時に、イケイケな指導をしてしまったら、子供が潰れてしまいます。

逆に、せっかくエネルギーレベルが高い時期なのに、体調のことを考えすぎて、スローペースにしてしまうのは、とても勿体無い話です。

春夏秋冬理論を活用すると、このような間違いが起こらなくなるわけです。

 

今回の受験生は、「秋生まれ」で、小学校6年時は「秋2年目」でした。

秋生まれの秋期ですから、秋生まれの特性がより強くなる時期です。

まず、秋生まれの特性として、

「報告が足らないことが多い」

というものがありますので、本人が言うことだけを鵜呑みにするのではなく、学校の先生からのヒアリング、塾の先生からのヒアリングによって、様子を把握するように努めました。

さらに、学校や塾がおもしろくない、通っているのが辛い、先生が合わない、といったことは、本当のことを言わない可能性があるので、親がセカンドオピニオンのつもりで判断するようにしました。

 

その結果、塾を3つも渡り歩きました。

中学受験のセオリーから考えると、頻繁に転塾するのは、決して褒められたものではありません。

むしろ、避けるべきと言われているようなことです。

しかし、今回の場合は、親は以下のように判断しました。

 

1つ目の塾:

塾全体、担任の先生のレベルも高く、問題がないように思えたものの、成績が伸び悩み。

そこで、よくよく調べ、考えた結果、「塾の教育メソッド」が子供に合っていないとの判断で転塾。

 

2つ目の塾:

前の塾よりもレベルは落ちるが、評判は良い塾。

しかし、夜遅くまで生徒を残す上、大量の宿題を出し、「受験生は睡眠時間を削って当たり前」という教育方針。

春夏秋冬理論の秋期は、12年サイクルの中で1番体力も低下する時期のため、このままでは受験まで体力が続かないと判断して転塾。

 

3つ目の塾:

個別指導が売りで、評判の良い塾。

入塾時に「21時以降は勉強させたくない」とはっきりと伝え、その方針に基づいたカリキュラムを作ってもらうことができた。

 

そして、転塾時には、子供本人に、春夏秋冬理論の秋期の過ごし方として、

「秋は自分に選択権がない時期なので、親のアドバイスは受け入れたほうが良い」

ということを伝え、納得してもらいました。

結果として、転塾したことにより、より受験勉強に集中できるようになりました。

 

その結果、3校受験して、2校に合格!

受験生本人も親も大満足の結果を得ることができました。

 

春夏秋冬理論は、この世のすべてに影響を与える「自然のリズム」を、誰もが活用できるようにするツールです。

子供は、大人よりも敏感ですから、「自然のリズム」の影響を、とても強く受けます。

そんな子供たちだからこそ、春夏秋冬理論を活用した受験指導というのは、効果が高いのでしょうね。

 

お子さんが受験生で、

「自分の子供にも、春夏秋冬理論を使って協力してあげたい!」

とお考えの親御さんや、

「塾の教育メソッドとして、春夏秋冬理論を取り入れたい!」

とお考えの塾経営者の方は、ぜひご相談ください。

私も、1人でも多くの受験生に、春夏秋冬理論を活用してもらって、志望校に合格してもらいたいと思っています。

 

今すぐに春夏秋冬理論を使った受験指導について相談したい方はこちら

まずは、春夏秋冬理論の基礎を学んでみたい、という方はこちら

 

 

春夏秋冬理論でオフィス拡大

2105年12月22日、冬至、そして西洋占星術では「土のグランドトライン」である今日、弊社、有限会社フィールドワークは、オフィスを移転いたしました。

移転したと言っても、フロアは同じですので、住所は変わらず、サンシャイン60のままです。

今までは、45階からの「眺めだけなら一流企業」な眺めが自慢のオフィスだったのですが、移転先のオフィスは、窓無しになってしまいました。

なぜ、このような決断をしたのかというと、新しいオフィスは窓がなくなった代わりに、今までよりも広くなり、6人までの小規模講座であれば、開催することができるのです。

まだミーティングテーブルと椅子しか入れていないので、殺風景ですが、こんな感じです。

2015-12-22 11.29.58

今回の移転により、会場の確保に頭を悩ませる、ということから解放されました(^^)

また、所在地も、東京・池袋のサンシャイン60ということで、どなたでも来やすい、分かりやすい立地の会場になったと思います。

この新オフィスでは、春夏秋冬理論ベーシック講座をはじめ、星と石ベーシック講座(春夏秋冬理論を活用したパワーストーン講座)など、春夏秋冬理論関係の講座を定期的に開講していく予定です。

記念すべき第1回の講座は、1月9日(土)に開催する、「春夏秋冬理論 2016年年間計画作成講座」となります。

新しいオフィスで行う講座がどのようなものになるか、私自身も楽しみにしています(^^)

また、ご覧のように、プライバシーが完全に守られる環境になっていますので、個別のコンサルティングにおいても、会話の内容が外部に漏れる心配がありません。

よく、カフェやラウンジで面談を行なっているカウンセラーやコンサルタント、占い師の方を見かけますが、クライアントさんの質問内容が外部に漏れる可能性があるので、あまり好ましいものではないと考えています。

新オフィスでは、プライバシーが完全い守られる、という点にもこだわりましたので、コンサルティングもどんどん行なっていこうと思っています。

今回の新オフィスへの移動は、自分なりに結構な決断でした。

曲がりなりにも、著名なビルに入っているオフィスですので、それなりの賃料を負担しなければなりません。

以前の私であれば、躊躇してしまったことでしょう。

しかし、2015年は、今までとは違いました。

「春夏秋冬理論のサイクルを意識して過ごす」

ということ自体は、今までと変わりませんが、

「春夏秋冬理論のサイクルを年間計画に的確に落としこんでいくメソッド」

が完成し、そのメソッドで作った年間計画に沿って過ごした、初めての年でした。

その結果、多くの著名な方とのご縁をいただき、一緒に仕事をさせていただいたり、某VIPに対して、春夏秋冬理論のコンサルティングをさせていただいたりといった、今までなら考えられないような1年を過ごすことができました。

そして、その最終章となるのが、エネリギーレベルが切り替わる冬至に行なった、新オフィスへの移転です。

これは私の、

「2016年は講座開催とコンサルティングに力を入れていく」

という決意表明です。

しかし、細かい年間計画は、まだ立ててはいません。

1月9日に開催する、「春夏秋冬理論 2016年年間計画作成講座」において、受講生さんたちと一緒に、私も年間計画を作り上げようと思っています。

2015年は、予想以上の成果を出すことができた1年でした。

2016年も、それ以上の成果を得られる1年にするべく、春夏秋冬理論のサイクルを意識した年間計画を作り上げようと思っています。

 

 

「きれいごと」がお金になる時代

「お金儲け」に関して、私がここ数年の自分の体験、周囲の状況から得た、現時点での結論をシェアしたいと思います。


結論から言うと、 「志(こころざし)があるかないか」 によって、成功するかしないかが決まっています。


「お金は後からついてくる!」

「この事業は社会のためになるのだから、辛くても取り組んで、広めていかなければ!」


このような感じの人が成功しています。



一昔前なら、 「それって、きれいごとですよね」 と一蹴されていた考え方です。


実際に儲かることも少なかったでしょう。


ですが、ここ数年、私の周囲で成長、成功している人というのは、その全員が「志」を持って、道無き道を切り開き、その結果として、収入アップを実現しています。


志を立ててから、実際にお金が入ってくるまでの期間は、その人の才能や行動量で差がついていますが、取り組み続けている人は、確実に伸びていきます。



私自身も、春夏秋冬理論の春の季節に入ってから、次々とありがたいお話をいただいていますが、数年前は、かーなーり厳しい状況にいました。


でも、周囲の人たちにはわからなかったと思います。


なぜなら、

「志を持って、新しい道を切り開いていたから」

です。


「必ずお金は後からついてくる」

とわかっていたからです。



大事なことですので、もう1度言いますが、今日のお話は以前なら「きれいごと」で終わりです。


しかし、時代は変化しています。 これからの時代は、「志」のない行動は、大きな成果に結びつかないと感じています。


ぜひ、ご自身だけでなく、周囲で成長している人たちの行動に注意を向けてみてください。


ほとんどの方から「志」を感じることができると思います。



このことに気づけたのは、春夏秋冬理論を活用したおかげです。 私の体験談も講座内で詳しくお話ししていますので、ぜひ講座にいらしてくださいね。


春夏秋冬理論の講座はこちらをクリック

 

1年前、今の自分を想像できましたか?

2015年に入って、目標を設定した方も多いと思います。

すでに3ヶ月も過ぎてしまいました。

目標通りに進んでいる人はいいのですが、そうでない方は、そろそろ焦りも出てきたのではないでしょうか?

私が毎年よく聞くのは、

「今年は成長の年にしようと思っていたのに、自分はまったく成長しない。。。」

というものです。

なんで同じような言葉が、多くの人の口から出てくるのか? というくらい、皆さん同じことを言われます(笑)

 

ここで質問です。

「1年前、今の自分自身や、置かれている環境を想像できることができましたか?」

 

昨年あたりから、時代の変化、時間の流れというものが、とても速くなっているように感じます。

これは私だけが感じていることではなく、私の周囲の大人も子供も同じようなことを言っています。

そんな、

「変化のスピードが速い時代」

ですので、きちんと自分の成長に取り組んでいる人であれば、1年後には大きな変化が出ているはずです。

 

ここまで言い切ったので、私も1年前の状況と比べてみますね。

・1年前は、50年近く交渉を続けた、自宅の区画整理がまだ実行されていませんでしたが、現在では引越しを行い、自宅の解体が進んでいます。

・それに伴う、新築賃貸住宅の企画も進めています。

・前から必要を感じていた、自社セミナールームを開設しました。

・3年前に閉鎖した東京オフィスを復活させ、都心でも仕事をするようになりました。

・賃貸リノベーションの仕事を始めました。

・一般社団法人寄せ植えデザイナー協会を設立しました。

・依頼されて、フランチャイズ開発の仕事を引き受けました。

・10年乗り続けたファミリーカーが壊れたので、久しぶりに趣味車に乗り換えました。

 

箇条書きにしてみると、結構ありますね。

このすべてが、1年前には予想もしていなかったことです。

なぜ、ここまでの変化が起こせたのかと、自分で考えてみると、その理由は2つです。

1.人とのご縁を大切にするようにした

2.春夏秋冬理論を判断基準として厳守した

 

自分の成長というのは、

「人との付き合い方」

「どのような人たちと付き合うか?」

によって変わるものです。

ですから、人とのご縁を大切にしていれば、自身の成長へとつながります。

春夏秋冬理論については、占いと勘違いされることも多いのですが、決してそうではなく、

「天才とか、賢人とか、成功者とか呼ばれている人たちが、無意識に使っている成功サイクルと、その都度下す判断を、我々凡人でも使えるように理論化したもの」

です。

ですから、生きていく中で、その都度下す判断が、「成功者の判断」に近づいていくんですね。

 

私は春夏秋冬理論の講師をしていますが、そんな私も、昨年、感情的になって、判断を間違えそうになったことがありました。

ちょっとやばかったのですが(笑)、冷静になって、春夏秋冬理論を思い出し、それに基づいた判断を下すことによって、事無きを得ることができました。

この時は、春夏秋冬理論を知らなかったら、ちょっとやばかったですね。

 

ぜひ、春夏秋冬理論を「日々の判断基準」として、活用してみてくださいね。

定期的に講座を開催しています。

ぜひご参加ください。

▼春夏秋冬理論ベーシック講座 

 

春夏秋冬理論ライフデザイン講座を開催

先週末、自社セミナールームで、

「春夏秋冬理論ライフデザイン講座」

を開催しました。

この講座は、春夏秋冬理論のサイクルをベースにして年間計画を作る講座です。

春夏秋冬理論について詳しくはこちら

150117_ライフデザイン

実は、今回は2回目の開催でして、前回は2014年の年末に開催しました。

いつもの講座ですと、私は講師に徹し、ワークには参加しないのですが、年末の講座では、自分自身も2015年の年間計画を作りたかったということもあり、講義をするだけではなく、自分でもワークに参加しました。

講師と参加者を1人の人間がやるという、とても貴重な経験でしたね(笑)

この 「春夏秋冬理論ライフデザイン講座」  は、ライフロジック・パートナー(春夏秋冬理論公認講師)の仲間とともに、1年をかけて開発してきましたので、内容には自信があります。

自信があるからこそ、メルマガ、ブログ、Facebookなどでも、胸を張って告知をしてきました。

しかし、認識が甘かったのです。。。

「春夏秋冬理論ライフデザイン講座」は、私が考えていたよりも、もっとすごい講座でした。

今風に「ヤバい!」と言ってもいいでしょう。

実際、私は、講座内で年間計画を作っている最中に、

「この講座、ヤバいだろう!」

と言ってしまいました(笑)

何がそんなにすごいのか? 何がそんなにヤバいのか? 多くの方に知っていただきたいので、種明かしをしますね。

この講座は、「春夏秋冬理論ライフデザイン講座」という名前ですから、

「春夏秋冬サイクルをベースとした年間計画を作る講座」

です。

これ自体はその通りで、間違いはないのですが、この講座、それだけではないのです。

「春夏秋冬サイクルに縛られない、自分自身の成功サイクルを解き明かし、そのサイクルをベースにして年間計画を作る」

ということもできてしまうのです!

春夏秋冬理論に限らず、占いや成功法則などでも、

「本人は活用しているつもりだが、実は縛られているだけ」

ということがあります。

情報というのは、「活用する」ものであって、「縛られる」ものではありません。

「情報に縛られる」と、自分自身の可能性を潰してしまうことすらあります。

その点、この「春夏秋冬理論ライフデザイン講座」は、講座中のワークに取り組むことによって、

「春夏秋冬理論を参考にしつつも、自分自身の成功サイクルを活用した年間計画」

を手に入れることができるのです!

正直にお話しすると、講座を作り、講義をしているだけでは、このことに気づけませんでした。

しかし、受講生の立場でワークに取り組み、年間計画を作ることによって、

「春夏秋冬理論を参考にした、自分オリジナルの成功サイクル」

に気づくことができたのです。

「ああしろ、こうしろ」と「外から言われる」 のではなく、「こうすればいいのだ」と「自分の内側から声が湧き出てくる 感じ」です。

伝わりますでしょうか?

今回の講座では、受講生さんたちは、「自分の成功サイクル」を探すのに、ウンウン唸りながら苦しんでいましたが、最後には見事にサイクルを見つけ出し、そのサイクルをベースとした、2015年の行動計画を作り上げることができました。

とても学びが多い上に、実際に使える行動計画も手に入る講座ですので、 超オススメです。

なので、近日中に、もう1回くらいは開催したいと思っていますので、ご興味のある方は、メルマガに登録していただき、告知が配信されるのをお待ちください。

スケジュールを調整して、なんとか開催します!

メルマガ登録はこちらから
 

 

春夏秋冬理論の「春」は衝動的になりやすい季節

前回は、

「苦言に耳をふさがない」

というお話しをしました。


今回は、こ時に書き足りなかった部分を補足したいと思います。



「なぜ、素直に苦言を聞くことができたか?」

という事についてですが、

「春夏秋冬理論における、現在季節」

というもを意識することによって、素直に聞くことができました。



春夏秋冬12年サイクルは、春1年目です。


12ヶ月サイクルでは、春3ヶ月目です


つまり、

「春+春」

なんですね。



春夏秋冬理論では、各季節ごとに、「課題」や「強み」というもがあり、こちらについては、けっこう広まっています。


一方で、

「注意するべき点」

というももあるですが、注意点は、

「衝動的にならないように」

です。



今回ケースであれば、苦言に対して、衝動的になって、

「そんな聞いてられるか!」

というはNGなわけです。


パートナーと喧嘩して、ついカッとなって、

「出て行け!」

などと言うもいけません。


ような台詞を言った覚えある方は、振り返ってみると、春夏秋冬サイクル「春」に言っていることが多いと思います。


ようなことを知っていましたで、私にとって耳に痛いアドバイスでも、心を平静に保って聞くことができたです。



春夏秋冬理論各季節には、それぞれ「強み」もありますが、一方で「弱み」「注意点」といったももあります。


点にも意識を向けることによって、より春夏秋冬理論を活用し、「人生波に乗れる」状態を実現できます。



各季節マイナス面については、ちょこちょこ書いていこうと思いますで、楽しみにしていてください。


待ちきれない方は、ぜひ講座にご参加ください。


たっぷりとお話しさせていただきます!

 

春夏秋冬理論は「判断基準」になる

私は、春夏秋冬理論と全脳思考を活用したコーチングを行なっています。

これは、

「クライアントさんの抱えている問題を解決するまでの道筋」

を見つけ出すものです。


問題の複雑さや、クライアントさんの状態によっても変わりますが、早い人で1時間、時間がかかる人で3時間ほどで、問題解決の道筋が見つかります。


大体2時間前後の方が多いですね。


皆さん、貴重なお金と時間を投資して私に相談するくらいですから、結構困っているわけです。


ですから、普通に考えれば、2時間程度で問題解決方法が見つかるわけがないのです。


しかし、やってみると、本当に見つけることができてしまうので、クライアントさんは本当に驚きます。



そして、その道筋を目安に、実際に行動してみると、予想した通りに問題が解決してしまったり、誤差があったとしても、結果として、問題が解決してしまったりします。


コーチング後にまったく問題が解決しないケースもありますが、これは、クライアントさんが、

「コーチングを受けただけで満足してしまった」

からです。


いくら問題解決方法が見つかったとしても、何もしなければ、問題は解決しません(笑)



なぜ、2時間前後で問題解決の道筋が見つかるのでしょうか?


それは、

「判断基準」

を明確にするからです。


判断基準というのは、人によって違います。


「お金」の面から見る人もいますし、「感情」を判断基準にする人もいます。


「家族との時間」の人もいるでしょうし、「仕事だけ」という人もいます。



自分でしっかりと「これが自分の判断基準」というものを持っていればいいのですが、その基準が曖昧だったり、そもそも間違っていることもあります。


私のコーチングでは、

「春夏秋冬理論を軸に解決策を考える」

という大前提がありますので、判断基準がぶれることがありません。


「あなたが現在おかれている季節は○○ですから、立ち向かうテーマは○○です」

「まずは、過去のテーマをクリアしているかどうかを確認しましょう」

「クリアしているようでしたら、現在のテーマについて考えてみましょう」

というように、

「春夏秋冬理論を軸、判断基準にする」

という絶対原則がありますので、ぶれる事がないのです。

だからこそ、よけいな回り道をすることなく、解決策を見つけ出すことができているのです。

 

物事の意味を振り返る

やっと生活&仕事のペースが戻ってきましたが、気づけば5月も半分が終わっています。


結局、体調不良で倒れていたのと、たまっていた仕事を片付けることだけで5月前半が終わってしまいました。


散々な目に遭いましたが、この事象を春夏秋冬理論で読み解いてみることにしました。

ネタになりますしね(笑)



私の「春夏秋冬理論の12ヶ月サイクル」(12年サイクルではありません)によると、5月は「冬の3ヶ月目」です。


「冬3」というのは、

・困難に直面します。

・周囲の人に反対されます。

・それでも、今やっていることを続けたいですか?

・やめたかったら、やめても問題ありませんよ。

という季節です。


年間の行動計画(12ヶ月サイクル)において、

「残り9ヶ月間、これを続けますか?」

という問いかけですね。


この時期に、半月も調子が上向かないという事は、明らかに「困難に直面」しています。


「この困難に直面しても、今やっていることを続けたいか?」

という事です。



で、過去3ヶ月(正確には2ヶ月半)を振り返ってみたのですが、特にやりたくないようなことを無理にやってはいませんでした。


強いて言えば、飲み会が多かったことくらいでしょうか?


やはり、通常21時には夢の中、の生活をしていますので、お付き合いの飲み会が続くと、体調が悪化していく様です。


もっと、厳選して参加するようにしないと、同じことを繰り返しますね。



あとは、

「赤字になるのがわかっていて、お付き合いで参加した」

というイベントがありましたが、これはやめた方がいいかもしれません。


やはり、はじめから赤字とわかっていて時間を投資するのは、精神衛生上よくありません(笑)



このように、何か起きた時に、

・その意味を知り

・人生を振り返り

・未来に行かしていく

という、一連の流れが身に付いていると、スムーズに上昇スパイラルに乗ることができます。


この「上昇スパイラルへの乗り方」を知ることができるのが、春夏秋冬理論であるとも言えます。


今回の記事も、ぜひ活用してみてください。

 

Page 1 / 212
メールアドレス

春夏秋冬理論おすすめリンク

Facebook公式ページ

Copyright © 春夏秋冬理論公認講師・西山雄一の実践ノート All Rights Reserved.