今日は、春夏秋冬理論で就活に成功した事例をご紹介します。


例によって、本人バレしないように、少々改変してお届けします。



個人セッションの依頼をいただいた方から、次のような質問をいただきました。


「前の会社を辞め、就職活動中なのですが、なかなか決まりません」


「空回っている気がするのですが、人生の波(春夏秋冬サイクル)に乗れていないということなのでしょうか?」



ヒアリングしてみると、春夏秋冬サイクルで、「秋の時期」に前の会社を辞めています。


「この退社は、自然な流れで辞めたのですか?

 それとも、自分から決断して辞めたのですか?」


という質問をしたところ、

「自分で決断して辞めました」

とのこと。


乗れてません(苦笑)



春夏秋冬理論の「秋の時期」というのは、自分に選択権がありません。


会社を辞めるのであれば、

・リストラされた

・ヘッドハンティングがきた

・背中を押される自然な流れで独立した

・出資者が現れ、独立を促された

といった形が理想です。


なのに、この方は、自分の判断で辞めてしまいました。


これにより、人生の波から外れてしまったんですね。



そこで、私がしたアドバイスです。


まず、人生の波から外れてしまった原因をお話しします。


そして、以下のようにアドバイスしました。


「焦って、希望職種の幅を広げないで、本当にやりたい仕事にしぼり、そこにだけエントリーしてください」

(焦って、希望職種の幅を広げていました)


「質問し過ぎはいやがられる、とか思わずに、疑問、不安はすべて質問して、きちんと解決してください」

(気になることがあっても、断られるのが怖くて、質問できていませんでした)


「知り合いからの誘いがあった場合は、遠慮せずに、きちんと話しを聞いてください」

(知り合いに頼るのは恥ずかしいと感じ、話しを聞いていませんでした)



「秋の時期」のキーワードは、

「選択権がない」

「正直を伝える」

です。



このキーワードを生かした就活となると、このようなアドバイスになる訳です。


実際には、もっと細かいヒアリングと、アドバイスをしていますが、その辺は、スペースの都合と、守秘義務ということで、ご勘弁ください(笑)



先日、ご連絡をいただいたのですが、私からのアドバイスを実践した結果、見事、希望職種の企業に就職が決まったそうです!!


さらに、これにより、結婚も視野に入ってきたとか。


これからも、春夏秋冬サイクルを活用していきたいとのことでした。



いやー、このように、結果がきちんと見える形で、クライアントさんのお役に立てるのは、本当にうれしいですね(^^)


「やっててよかった!」

と思いました。



春夏秋冬理論は、「人生の波」に乗るためのツールですから、様々な問題に活用することが可能です。


もし、悩み続けて、「悩みのスパイラル」に陥ってしまっているようでしたら、1度、私の個人セッションを検討してみてください。


春夏秋冬サイクルによって、解決のお手伝いをさせていただきます。



▼西山による個人セッション


この記事を読んだ人にはこちらもおすすめです

  • 春夏秋冬理論で不動産投資 外部からの依頼をいただいて、 「春夏秋冬サイクルを活用した不動産投資」 というコンテンツ(セミナー)を作りました。 私は元々、アパート経営のコンサルティング […]
  • 春に向けて拡大傾向です。 この週末は、久しぶりに、「賃貸経営実務検定2級認定講座」を開催しました。最近は、春夏秋冬理論の講座をがんばっていたので、お忘れかもしれませんが、私は、不動産賃貸経営に関する教育事 […]
  • コミュニケーションミスを防ぐには? 前回、 「水星逆行期間中は、コミュニケーションのミスに注意!」 というお話をさせていただきました。 そこで今日は、コミュニケーションミスを防ぐ、具体的な方法 […]
  • 春夏秋冬理論から見る独立、転職、新規事業の注意点 春夏秋冬理論の各季節における、独立、転職、新規事業の注意点(波の乗り方)を解説します。 […]
  • 春夏秋冬理論で得られたもの 私は、日々、春夏秋冬理論の普及に取り組んでいますが、「春夏秋冬理論でどんなものが得られるんですか?」という質問をいただきましたので、私の事例を簡単に紹介してみたいと思います。あま […]
  • 春夏秋冬理論は「受け取る」ことを意識する。 春夏秋冬理論は、とてもシンプルなサイクル論ですので、簡潔に説明することができます。 「冬に耕して、種をまいて、  春に芽が出て、  夏に大きく成長して、 […]