合格祈願

春夏秋冬理論の活用方法には様々なものがありますが、今回、中学受験にも効果を発揮することを証明しました。

春夏秋冬理論は、この世のすべてに影響を与える自然のサイクルを、誰もが活用できるようになるツールですので、効果があることは自信があったのですが、実際に合格するまでは、どうなることかと思いながら、春夏秋冬理論の指導をしていました。

 

では、実際に、どのような指導をしたのか?

まずはじめにやらなければならないことは、受験生の生まれの季節を把握することです。

春夏秋冬理論では、誕生日からその人のサイクルを算出して、生まれの季節を判定します。

この生まれの季節、というのは、8月に生まれたから夏生まれ、というものではありません。

例えば、この記事を書いている西山は12月生まれですが、春夏秋冬理論では夏生まれです。

ですので、まずは判定ツールを使って、受験されるお子さんの生まれの季節を把握します。

 

生まれの季節を把握するのとによって、その子の基本的な気質、というものがわかります。

その気質に基づいて、受験の指導をしていくようにします。

(※生まれの季節ごとの基本気質については、後日、記事を書いてアップしておきますので、少々お待ちください)

 

続いて、現在過ごしている季節=春夏秋冬サイクル=12年サイクルを把握します。

こちらも、判定ツールで簡単にわかります。

これにより、現在、その子がどのようなエネルギーレベルにいるか?ということがわかります。

(※エネルギーレベルについても、後日、記事をアップしておきますので、少々お待ちください)

エネルギーレベルが低い時に、イケイケな指導をしてしまったら、子供が潰れてしまいます。

逆に、せっかくエネルギーレベルが高い時期なのに、体調のことを考えすぎて、スローペースにしてしまうのは、とても勿体無い話です。

春夏秋冬理論を活用すると、このような間違いが起こらなくなるわけです。

 

今回の受験生は、「秋生まれ」で、小学校6年時は「秋2年目」でした。

秋生まれの秋期ですから、秋生まれの特性がより強くなる時期です。

まず、秋生まれの特性として、

「報告が足らないことが多い」

というものがありますので、本人が言うことだけを鵜呑みにするのではなく、学校の先生からのヒアリング、塾の先生からのヒアリングによって、様子を把握するように努めました。

さらに、学校や塾がおもしろくない、通っているのが辛い、先生が合わない、といったことは、本当のことを言わない可能性があるので、親がセカンドオピニオンのつもりで判断するようにしました。

 

その結果、塾を3つも渡り歩きました。

中学受験のセオリーから考えると、頻繁に転塾するのは、決して褒められたものではありません。

むしろ、避けるべきと言われているようなことです。

しかし、今回の場合は、親は以下のように判断しました。

 

1つ目の塾:

塾全体、担任の先生のレベルも高く、問題がないように思えたものの、成績が伸び悩み。

そこで、よくよく調べ、考えた結果、「塾の教育メソッド」が子供に合っていないとの判断で転塾。

 

2つ目の塾:

前の塾よりもレベルは落ちるが、評判は良い塾。

しかし、夜遅くまで生徒を残す上、大量の宿題を出し、「受験生は睡眠時間を削って当たり前」という教育方針。

春夏秋冬理論の秋期は、12年サイクルの中で1番体力も低下する時期のため、このままでは受験まで体力が続かないと判断して転塾。

 

3つ目の塾:

個別指導が売りで、評判の良い塾。

入塾時に「21時以降は勉強させたくない」とはっきりと伝え、その方針に基づいたカリキュラムを作ってもらうことができた。

 

そして、転塾時には、子供本人に、春夏秋冬理論の秋期の過ごし方として、

「秋は自分に選択権がない時期なので、親のアドバイスは受け入れたほうが良い」

ということを伝え、納得してもらいました。

結果として、転塾したことにより、より受験勉強に集中できるようになりました。

 

その結果、3校受験して、2校に合格!

受験生本人も親も大満足の結果を得ることができました。

 

春夏秋冬理論は、この世のすべてに影響を与える「自然のリズム」を、誰もが活用できるようにするツールです。

子供は、大人よりも敏感ですから、「自然のリズム」の影響を、とても強く受けます。

そんな子供たちだからこそ、春夏秋冬理論を活用した受験指導というのは、効果が高いのでしょうね。

 

お子さんが受験生で、

「自分の子供にも、春夏秋冬理論を使って協力してあげたい!」

とお考えの親御さんや、

「塾の教育メソッドとして、春夏秋冬理論を取り入れたい!」

とお考えの塾経営者の方は、ぜひご相談ください。

私も、1人でも多くの受験生に、春夏秋冬理論を活用してもらって、志望校に合格してもらいたいと思っています。

 

今すぐに春夏秋冬理論を使った受験指導について相談したい方はこちら

まずは、春夏秋冬理論の基礎を学んでみたい、という方はこちら

 

この記事を読んだ人にはこちらもおすすめです

  • 春夏秋冬理論の「春」は衝動的になりやすい季節 前回は、「苦言に耳をふさがない」というお話しをしました。今回は、この時に書き足りなかった部分を補足したいと思います。「なぜ、素直に苦言を聞くことができたのか?」という事についてで […]
  • 春夏秋冬理論でオフィス拡大 2105年12月22日、冬至、そして西洋占星術では「土のグランドトライン」である今日、弊社、有限会社フィールドワークは、オフィスを移転いたしました。移転したと言っても、フロアは同 […]
  • 物事の意味を振り返る やっと生活&仕事のペースが戻ってきましたが、気づけば5月も半分が終わっています。結局、体調不良で倒れていたのと、たまっていた仕事を片付けることだけで5月前半が終わってしまいました […]
  • 1年前、今の自分を想像できましたか? 2015年に入って、目標を設定した方も多いと思います。 すでに3ヶ月も過ぎてしまいました。 目標通りに進んでいる人はいいのですが、そうでない方は、そろそろ焦りも出てきたのでは […]
  • 春夏秋冬理論は「判断基準」になる 私は、春夏秋冬理論と全脳思考を活用したコーチングを行なっています。これは、「クライアントさんの抱えている問題を解決するまでの道筋」を見つけ出すものです。問題の複雑さや、クライアン […]
  • 「きれいごと」がお金になる時代 「お金儲け」に関して、私がここ数年の自分の体験、周囲の状況から得た、現時点での結論をシェアしたいと思います。 結論から言うと、 「志(こころざし)があるかないか」 […]