人生の季節サイクルを活用して、人生の波に乗る「春夏秋冬理論」公認講師による、春夏秋冬理論の実践記録ノート。
更新情報
  • HOME »
  • 更新情報 »
  • 2013年7月

2013年7月

春夏秋冬理論のマネジメントへの活用1

春夏秋冬理論を活用した社員とのトラブル解決について解説します。

 

春夏秋冬理論で得られたもの

私は、日々、春夏秋冬理論の普及に取り組んでいますが、

「春夏秋冬理論でどんなものが得られるんですか?」

という質問をいただきましたので、私の事例を簡単に紹介してみたいと思います。

あまり詳しく書くと、長くなりますので、具体的に得られたものを書いてみますね。

春夏秋冬理論は、その誕生直後に300人強の人間に限定リリースされたのですが、私はそのうちの1人です。
(ちょっと自慢(笑))

ですので、最初期から活用しており、私を以前から知っている人には、かなり懐かしい事例もあります。

・日本初、アパマンオーナーがインターネットで入居者を募集するノウハウをオリジナル開発。現在、このノウハウは、不動産業界のスタンダードになっています。

・仲間とともに、アパマンオーナーコミュニティを立ち上げ、日本最大規模へ成長。

・書籍を出版し、Amazon総合4位を獲得。1~3位は、不動産本で勝てるわけがないようなベストセラーだったため、自分としてはかなり満足な結果。

・春夏秋冬理論での「収穫の時期」に講演依頼が急増。そのおかげで、それなりの講演料が取れる講師に。

・一般財団法人日本不動産コミュニティーの理事に就任。全国規模の検定事業に関わるようになる。

この他にも、妻のプロデュースなどにも活用した事例があるのですが、長くなるのでやめておきます(笑)

ここにあげた事例、結果は、今の私を作っているものといっても過言ではありません。

これらの実績がなければ、講演で全国を回るなどという事は、夢の世界の話しだったでしょう。

イントロダクション講座の受講生さんももっと少なかったかもしれません。

このすべてが、春夏秋冬理論を活用して、「タイミング」を意識する事によって得られたものです。

もちろん、失敗も数多くしてきたのですが、それらはすべて、ちょっとの成功で調子に乗って、春夏秋冬理論のタイミングを無視してやったものばかりです。

ただ、失敗事例というのは、講座などでお話しすると、ウケも良く、受講生さんの理解も深まるので、今では、いいネタを手に入れたと、前向きに考えています(笑)

この気持ちの切り替えができているのも、春夏秋冬理論の効果かもしれませんね。

 

ドメイン決定の紆余曲折

このサイト「春夏秋冬理論 実践マニュアル」を作るにあたって、1番初めに悩んだのがドメインです。

初めは何も考えずに、「fourseasons.com」とかにしようと思ったのですが、さすがに「四季」というのは、全世界的に人気があるドメインらしく、あえなく撃沈。

続いて「4seasons」を検討したのですが、これもダメ。

それならば、という事で、「春夏秋冬」から離れて、資格名である「lifelogic」でいこうと思ったのですが、「.com」や「.net」などの主要なドメインは、すべて転売目的の業者におさえられていました(T T)

しかし、ポツンと残っていたんですよ。

「lifelogic.asia」が!

「.asia」は比較的新しいドメインなので、転売業者も手が回っていなかったようです。

このドメインは、アジアの個人か法人である証明を出さなければならないので、アメリカの転売業者は手が出せなかったのかもしれません。

これからはアジアの時代ですから、そういう意味でもこのドメインはいい!

という事で、速攻で取得して、このサイトのドメインとしました。

ドメインというのは、そのサイトの住所です。

いくら、検索エンジンからの訪問が主流といっても、わかりやすいドメインの方がいいに決まっています。

今後、「.asia」の扱いがどのようになっていくかは未知数ですが(笑)、とりあえずはいいドメインがとれたと思っています。

アジアに向けて、春夏秋冬理論の情報をどんどん発信していきますよ!

 

春夏秋冬理論から見る独立、転職、新規事業の注意点

春夏秋冬理論の各季節における、独立、転職、新規事業の注意点(波の乗り方)を解説します。

 

メールアドレス

春夏秋冬理論おすすめリンク

Facebook公式ページ

Copyright © 春夏秋冬理論公認講師・西山雄一の実践ノート All Rights Reserved.