人生の季節サイクルを活用して、人生の波に乗る「春夏秋冬理論」公認講師による、春夏秋冬理論の実践記録ノート。
更新情報
  • HOME »
  • 更新情報 »
  • 2013年11月

2013年11月

春夏秋冬理論の年間サイクルの活用

春夏秋冬理論の年間サイクルを活用した事例について解説します。

 

春夏秋冬理論で不動産投資

外部からの依頼をいただいて、

「春夏秋冬サイクルを活用した不動産投資」

というコンテンツ(セミナー)を作りました。


私は元々、アパート経営のコンサルティングをしていましたので、そのノウハウと、春夏秋冬理論のロジックを融合させたセミナーです。



「投資」というと、マネーゲームみたいですが、不動産投資の場合、物件を購入した後に「賃貸経営」をしなければなりませんので、一般的なビジネスと何ら変わることはありません。


ですから、春夏秋冬理論との融合は、スムーズにできました。



・物件を購入するにあたって、春夏秋冬それぞれの時期で、どのようなことに気をつければ良いのか?


・「不動産賃貸業というサービス業」において、どのように春夏秋冬サイクルを意識すれば良いのか?


このようなことを盛り込みました。



はじめは、依頼をいただいたから作ったのですが、実際にでき上がってみると、けっこうおもしろい、役に立つ内容に仕上がりました。


依頼をいただいた会社の会員限定で公開するということなので、教材化はできませんが、ライブセミナーとしてやってみたらおもしろいかもしれません。


不動産関係の企業様から講演依頼をいただいたときなどに、講演トピックの1つとして提案してみようと思います。

 

春夏秋冬理論は「受け取る」ことを意識する。

春夏秋冬理論は、とてもシンプルなサイクル論ですので、簡潔に説明することができます。


「冬に耕して、種をまいて、

 春に芽が出て、

 夏に大きく成長して、

 秋に成果を収穫する」



これだけです(笑)



それぞれの季節の特性もシンプルで、簡単に説明することができます。


・冬はたやすくない季節

・春は拡大する季節

・夏は1番エネルギーレベルが高い季節

・秋は成果を受け取る季節




さて、この中で、1番大重視する季節、大切な季節はいつでしょうか?


春夏秋冬理論の本を読んだだけの人や、ちょっと話しを聞いたことがあるくらいの人は、

「夏が1番エネルギーレベルが高いから、夏に一気にのばして稼がないと!

 だから、夏が1番大切!」


と言います。


これ、春夏秋冬理論の間違った使い方で1番多いものです。



春夏秋冬理論の4つの季節で、

「この季節は特に重要!」

という季節はありません。


春夏秋冬サイクルは、人生の流れですから、すべてがあなたの人生であり、そのすべてが大切な季節です。



ですが、

「この季節にどう過ごすかが、成否を決めますよ!」

という季節はあります。


それが、

「秋の季節」

です。



巷の成功法則は、

「どのように成長していくか?」

「成長するためにはどうすればいいか?」

といったことを中心に考えます。


誰もがお金は欲しいですし、誰もが成功したいと思っています。


そのためにも、今の自分よりも成長することはとても大切です。



ですが、多くの成功法則では、

「成長した結果、得られたものの受け取り方」

「成長した先の着地点」

というものを無視していることが多いようです。


成長することだけに集中し過ぎなんですね。


ですから、夏の季節が終わりに近づき、そろそろスピードダウンしなければならないのに、

「まだまだいける!」

「さらに拡大!」

と、突き進んでしまって、結果として、秋の季節に大失敗をしてしまうのです。



春夏秋冬理論は、

「成果の受け取り方」

「最終的な着地点」

というものを大切に考えます。


受け取るのは「秋の季節」です。


この「秋の季節」にどのように向かって生きていくのか?


これを春夏秋冬サイクルを参考に見極めていくのです。



役に立つ成功法則はたくさんあります。


それ自体は否定する気はありませんし、おすすめしたいものもあるくらいです。


ただ、そこに、

「成果の受け取り方」

という考えがぬけているものは、片手落ちです。


多くの方が、成功法則で成功できないのは、ここが原因ではないかと思っています。



「受け取り方」が抜けているから、せっかく成功法則を活用して成功しても、最終的に「振り出しに戻る」になってしまうのです。


ぜひ、

「受け取る」

ということを意識して、

「成長後」

も考えてみてくださいね。

 

春夏秋冬理論はさらに深化(進化)する

先週、ライフロジック・パートナー(LLP、春夏秋冬理論公認講師)が集まる、春夏秋冬理論の研究会がありました。


春夏秋冬理論とは、一定のライフサイクルを活用して、人生を読み解く理論です。


発表されてから10年強の、比較的新しい理論ですので、まだまだ深化(進化)する可能性を秘めています。


そのため、全国のLLPが日々、実践の中で、様々な可能性を模索したり、仮説の検証をしています。



その中では、春夏秋冬理論を活用したお菓子なども販売されています。



先週の研究会では、春夏秋冬理論をさらに広げ、より深く人生の流れを読み解く、進化版の仮説が発表され、その検証が行なわれました。


まだまだ検証、研究が必要な仮説ではありましたが、春夏秋冬理論がさらに深化していくことは間違いないと感じています。


この仮説については、書きたくて仕方がないのですが、表に出せる段階ではないので、ご了承ください(笑)



進化という点では、私が定期開催している、

「春夏秋冬理論イントロダクション講座」

もそうです。


イントロダクション講座も、当初開催していた講座に改善を施し、6月にバージョンアップをはかりました。


現在は、そのバージョンアップ版をお届けしているのですが、それでも開催するたびに、新たな改善点が見えてきます。


このままいくと、年明けには、さらに改善を加えたバージョンを提供できそうな勢いです(笑)


イントロダクション講座は、毎月開催していますが、今月開催する講座でも、若干の改善を施して提供するつもりでいます。



▼春夏秋冬理論イントロダクション講座2.0



ありがたいことに、大阪講座の集客で燃え尽き、あまり積極的に告知活動をしていないにも関わらず、すでに格好がつく数のお申し込みをいただいています。


開催までまだ1週間以上ありますので、まだまだ人数は増えていくでしょう。


こういったことからも、春夏秋冬理論がどんどん広がっている、その必要性が高まっている、と感じています。



・人生が空回っている気がする

・今はどんどんのびているが、このまま進み続けていいのか不安



このような方のお役に立てるのが春夏秋冬理論です。


1人でも多くの方にご参加いただきたいと思います。



▼春夏秋冬理論イントロダクション講座2.0


 

春夏秋冬理論で就活に成功!

今日は、春夏秋冬理論で就活に成功した事例をご紹介します。


例によって、本人バレしないように、少々改変してお届けします。



個人セッションの依頼をいただいた方から、次のような質問をいただきました。


「前の会社を辞め、就職活動中なのですが、なかなか決まりません」


「空回っている気がするのですが、人生の波(春夏秋冬サイクル)に乗れていないということなのでしょうか?」



ヒアリングしてみると、春夏秋冬サイクルで、「秋の時期」に前の会社を辞めています。


「この退社は、自然な流れで辞めたのですか?

 それとも、自分から決断して辞めたのですか?」


という質問をしたところ、

「自分で決断して辞めました」

とのこと。


乗れてません(苦笑)



春夏秋冬理論の「秋の時期」というのは、自分に選択権がありません。


会社を辞めるのであれば、

・リストラされた

・ヘッドハンティングがきた

・背中を押される自然な流れで独立した

・出資者が現れ、独立を促された

といった形が理想です。


なのに、この方は、自分の判断で辞めてしまいました。


これにより、人生の波から外れてしまったんですね。



そこで、私がしたアドバイスです。


まず、人生の波から外れてしまった原因をお話しします。


そして、以下のようにアドバイスしました。


「焦って、希望職種の幅を広げないで、本当にやりたい仕事にしぼり、そこにだけエントリーしてください」

(焦って、希望職種の幅を広げていました)


「質問し過ぎはいやがられる、とか思わずに、疑問、不安はすべて質問して、きちんと解決してください」

(気になることがあっても、断られるのが怖くて、質問できていませんでした)


「知り合いからの誘いがあった場合は、遠慮せずに、きちんと話しを聞いてください」

(知り合いに頼るのは恥ずかしいと感じ、話しを聞いていませんでした)



「秋の時期」のキーワードは、

「選択権がない」

「正直を伝える」

です。



このキーワードを生かした就活となると、このようなアドバイスになる訳です。


実際には、もっと細かいヒアリングと、アドバイスをしていますが、その辺は、スペースの都合と、守秘義務ということで、ご勘弁ください(笑)



先日、ご連絡をいただいたのですが、私からのアドバイスを実践した結果、見事、希望職種の企業に就職が決まったそうです!!


さらに、これにより、結婚も視野に入ってきたとか。


これからも、春夏秋冬サイクルを活用していきたいとのことでした。



いやー、このように、結果がきちんと見える形で、クライアントさんのお役に立てるのは、本当にうれしいですね(^^)


「やっててよかった!」

と思いました。



春夏秋冬理論は、「人生の波」に乗るためのツールですから、様々な問題に活用することが可能です。


もし、悩み続けて、「悩みのスパイラル」に陥ってしまっているようでしたら、1度、私の個人セッションを検討してみてください。


春夏秋冬サイクルによって、解決のお手伝いをさせていただきます。



▼西山による個人セッション


 

春夏秋冬理論と占星術、どちらがいいの?

春夏秋冬理論の講座参加者を見てみると、西洋占星術に興味を持っている方が、多くいらっしゃいます。


春夏秋冬理論の開発者である、神田昌典先生は、ことあるごとに占星術の知識をビジネスに活用する方法を語っていますし、もう1人の開発者である來夢先生にいたっては、そのまんま西洋占星術師です。


講座に参加される方は、2人のファンである率が高いので、当然ながら、占星術に興味のある人が多くなる訳です。



そうすると、このような質問をいただくことがあります。


「春夏秋冬理論のサイクルと、西洋占星術のホロスコープでは、どちらを優先すればいいのでしょうか?」



答えを言ってしまえば、

「お好きな方をどうぞ」

なんですが(笑)、それでは身も蓋もないので、私なりの考えをお伝えしています。



あくまでも、私個人の考えですが、

「まずは春夏秋冬サイクル、その次の段階としてホロスコープ」

とお答えしています。



春夏秋冬理論は、講師レベルになるには、それなりに勉強が必要ですが、

「成長カーブ(Sカーブ)」

という、シンプルな曲線をベースにしている関係で、その理論体系もとてもシンプルです。


究極的には、

「冬に種まいて、春に芽が出てきて、夏に茂って、秋に収穫」

で、説明は終わりです(笑)


このシンプルさ故に、誰もが学び、活用することができます。


これが、春夏秋冬理論のいいところですね。



一方で、西洋占星術は、とにかく深いし、細かいです。


本当に、あらゆることがわかってしまいます。


私の個人セッションやコンサルティングでは、春夏秋冬理論を軸に、ビジネスや人生設計についてアドバイスを行っていますが、どうしても春夏秋冬サイクルでは説明がつかないときがあります。


そのときは、春夏秋冬理論からはなれて、クライアントさんのホロスコープを出して、西洋占星術の見地から解釈を試みます。


すると、きちんと答えが出るんですね。



しかし、西洋占星術は、深く、細かいが故に、学ぶのも、使いこなすのも半端ではありません。


オタクの世界です(笑)


使いこなすのが難しいので、間違いを犯す可能性も高くなります。


ですから、私は、

「まずは春夏秋冬サイクル、その次の段階としてホロスコープ」

とお話ししています。



春夏秋冬理論は、

「占い的なものの活用を学ぶ入門編」

としても優れています。



いきなり、西洋占星術にいくのではなく、まず、シンプルな春夏秋冬理論で、活用を学ぶ。


その流れで、どうしても説明がつかなかったり、より深く読み解きをしたいときに西洋占星術を学ぶ。


これが、私のお勧めする順番です。



大阪と埼玉で開催する、今月の講座でも、

「自分で活用できる春夏秋冬サイクル」

をきちんと学んでいただけます。


「人生、ビジネスの成長サイクル」

に乗りたい方、ぜひ、ご参加ください!



▼春夏秋冬理論イントロダクション講座2.0

※大阪開催と埼玉開催の両方が掲載されています。

 

楽天優勝を春夏秋冬理論で読み解く

昨夜、楽天イーグルスが球団設立9年目にして初の日本一となりました。


私は普段、野球を見ない人なのですが、シーズン中にマー君の無敗記録のニュースが流れていましたので、自然と目にするようになっていました。


また、私の知り合いが何人か、楽天市場に出店しており、

「楽天が優勝したら、セールで徹夜続きになるよ~」

と言っていたので、何となく気にしていました。


そして、昨日の優勝!


これで、私の知り合いは、連日の徹夜が決定しました。


今頃は、うれしい悲鳴を上げていることでしょう(笑)



そして、私自身ですが、春夏秋冬理論講師である、ライフロジック・パートナーとしては、

「春夏秋冬理論の見地から読み解き、検証しなければ!」

ということで、星野仙一監督の春夏秋冬サイクルを出してみました。



星野仙一
1947年1月22日 (66歳)

春夏秋冬サイクル
春生まれ
2013年は、秋3年目




▼【無料】春夏秋冬理論季節判定



まさしく、

「最高益が出る秋」

に最高の結果を手にされていますので、

「きちんと人生の波を乗りこなした12年間」

を過ごしてきたと考えられます。



では、検証してみましょう。


春夏秋冬理論のサイクルは、1サイクル12年、「冬1年目」から始まります。


星野監督の冬1年目は2002年ですから、04年までの3年間が冬の季節になります。


冬1年目の02年に阪神の監督に就任。


新たなサイクルをスタートさせています。


12年サイクルのスタートと一致しているのはいいですね。


ただ、冬は「容易くない季節」です。


03年にリーグ優勝したものの、日本シリーズでは敗退。


さらに、自身の持病にも悩まされます。


その結果、2004年に監督を退任し、シニアディレクターとなっています。


まさに「試練の冬」だったと言えるでしょう。


この時期に試練にあっているのは乗れていますね。



続いて、05年~07年が春の季節です。


春は、

「自己探求と拡大の季節」

です。



この時期に、塾の開設(既に閉鎖)をしたり、ニュース番組のスペシャルコメンテーターになっています。


そして、07年には、北京オリンピック日本代表監督に就任します。


めちゃめちゃ拡大してますね。


乗れてます。



続いて、08年~10年が夏の季節です。


この季節は、12年サイクルの中で最もエネルギーレベルが高くなる時期ですので、単純に

「1番いいことが起きる季節」

という捉え方をする人が多いのですが、もう1つの見方があります。


それは、

「エネルギーレベルが高いからこそ、つらいことが起こる」

ということです。


どういうことかというと、

「他の季節では乗り越えられないようなつらいことも、エネルギーレベルの高い夏なら乗り越えられる」

ということなのです。


ですから、12年サイクルの中で、1番つらい出来事が夏の季節に起こることがあります。


星野監督の場合、08年、夏1年目の北京オリンピックでの不振がこれにあたります。


オリンピック後のバッシングはすごかった記憶がありますが、これも夏のエネルギーで乗り越えたと見ていいでしょう。


乗れていないようでいて、実は乗れていますね。



続いて、11年~13年が秋の季節です。


この3年間で、ここまでの9年間、

「きちんと乗れている人生を過ごしてきたかどうか?」

が問われます。


この時期にじたばたしても、もう手遅れですので、いいことも、悪いことも、すべてを受け止める覚悟が必要です。


星野監督の場合、夏3年目の10年に監督に就任し、秋1年目の11年から監督として采配をふるっています。


そして、この年に震災が起こります。


よくも悪くも、震災発生時にその地域のチームの監督をしていたというのは、星野監督の受け止めるべき事象だったと言えます。


翌12年は若手が育ち、勝率5割でシーズンを終えます。



そして、12年サイクルの集大成の年となる、秋3年目の13年。


見事に日本一を勝ち取りました。


本人は、(特に夏の時期は)つらいことも多かったと思いますが、このように、改めて12年間を検証してみると、見事に人生の波に乗れていることがわかります。



ここまで行った読み解きは、起こったことを振り返っただけですから、

「どうとでもこじつけられる」

という方もいるでしょう。


しかし、各季節での解説に入れた、

「季節ごとのテーマ、キーワード」

というものは、無理矢理変えている訳ではありません(笑)


「成功者は無意識に成功サイクルを使いこなしている」

というのは、今回の星野監督の事例でもわかりますね。



この「成功サイクル」を我々凡人でも使えるようにしたのが、「春夏秋冬理論」です。


春夏秋冬理論のサイクルを知っておけば、意図的に「乗れている人生」を過ごすことが可能になるのです。



私が定期的に開催している、

「春夏秋冬理論イントロダクション講座」

は、

「あなた独自の12年サイクル」

を把握し、人生の乗り方を知れる講座です。



▼春夏秋冬理論イントロダクション講座2.0

※大阪開催と埼玉開催の両方が掲載されています。



今月は、9日(土)に大阪、27日(水)にさいたまで開催します。


特に、大阪は、私の講座を初開催ですので、気合いが入っています!


しかし、直前に開催決定したので、申し込みがなかなか入りません(T T)



しかし、それならば、

「より濃い、マンツーマンに近い講座ができる!」

ということです。


仮に、参加者が1名となっても、全力で講座を行いますので、大阪近郊の方は、ぜひご参加ください!


もちろん、さいたまの講座もよろしくお願いします!



▼春夏秋冬理論イントロダクション講座2.0

※大阪開催と埼玉開催の両方が掲載されています。

 

大阪で春夏秋冬理論イントロダクション講座

11月9日(土)に、私が東京、埼玉で定期開催している、

「春夏秋冬理論イントロダクション講座2.0」

を大阪で開催します!



▼春夏秋冬理論イントロダクション講座2.0

※大阪開催と埼玉開催の両方が掲載されています。



春夏秋冬理論は、商品開発などに活用する「成長カーブ」を人の人生に当てはめることによって「人生の波」を把握し、成功への道筋を明らかにしてくれるツールです。


関西圏在住の方で、距離の問題から参加をあきらめていた方は、ぜひ、この機会にご参加ください。


私も春夏秋冬理論の講座を大阪で開催するのは初めてですので、とても楽しみにしています。


1人でも多くの方に、春夏秋冬理論に触れていただきたいと思います。



そして、9日の講座終了後は、個人セッションを行います。


こちらもまだ少し余裕がありますので、

「西山から直接アドバイスしてもらいたい!」

という方は、この機会にご利用ください。


今回は、私の出張にあわせていますので、交通宿泊費をだしていただく必要がなく、お得です(^^)



▼西山による個人セッション



大阪近郊のみなさま、よろしくお願いいたします。

 

メールアドレス

春夏秋冬理論おすすめリンク

Facebook公式ページ

Copyright © 春夏秋冬理論公認講師・西山雄一の実践ノート All Rights Reserved.