人生の季節サイクルを活用して、人生の波に乗る「春夏秋冬理論」公認講師による、春夏秋冬理論の実践記録ノート。
更新情報
  • HOME »
  • 更新情報 »
  • 2014年5月

2014年5月

春夏秋冬理論は「判断基準」になる

私は、春夏秋冬理論と全脳思考を活用したコーチングを行なっています。

これは、

「クライアントさんの抱えている問題を解決するまでの道筋」

を見つけ出すものです。


問題の複雑さや、クライアントさんの状態によっても変わりますが、早い人で1時間、時間がかかる人で3時間ほどで、問題解決の道筋が見つかります。


大体2時間前後の方が多いですね。


皆さん、貴重なお金と時間を投資して私に相談するくらいですから、結構困っているわけです。


ですから、普通に考えれば、2時間程度で問題解決方法が見つかるわけがないのです。


しかし、やってみると、本当に見つけることができてしまうので、クライアントさんは本当に驚きます。



そして、その道筋を目安に、実際に行動してみると、予想した通りに問題が解決してしまったり、誤差があったとしても、結果として、問題が解決してしまったりします。


コーチング後にまったく問題が解決しないケースもありますが、これは、クライアントさんが、

「コーチングを受けただけで満足してしまった」

からです。


いくら問題解決方法が見つかったとしても、何もしなければ、問題は解決しません(笑)



なぜ、2時間前後で問題解決の道筋が見つかるのでしょうか?


それは、

「判断基準」

を明確にするからです。


判断基準というのは、人によって違います。


「お金」の面から見る人もいますし、「感情」を判断基準にする人もいます。


「家族との時間」の人もいるでしょうし、「仕事だけ」という人もいます。



自分でしっかりと「これが自分の判断基準」というものを持っていればいいのですが、その基準が曖昧だったり、そもそも間違っていることもあります。


私のコーチングでは、

「春夏秋冬理論を軸に解決策を考える」

という大前提がありますので、判断基準がぶれることがありません。


「あなたが現在おかれている季節は○○ですから、立ち向かうテーマは○○です」

「まずは、過去のテーマをクリアしているかどうかを確認しましょう」

「クリアしているようでしたら、現在のテーマについて考えてみましょう」

というように、

「春夏秋冬理論を軸、判断基準にする」

という絶対原則がありますので、ぶれる事がないのです。

だからこそ、よけいな回り道をすることなく、解決策を見つけ出すことができているのです。

 

物事の意味を振り返る

やっと生活&仕事のペースが戻ってきましたが、気づけば5月も半分が終わっています。


結局、体調不良で倒れていたのと、たまっていた仕事を片付けることだけで5月前半が終わってしまいました。


散々な目に遭いましたが、この事象を春夏秋冬理論で読み解いてみることにしました。

ネタになりますしね(笑)



私の「春夏秋冬理論の12ヶ月サイクル」(12年サイクルではありません)によると、5月は「冬の3ヶ月目」です。


「冬3」というのは、

・困難に直面します。

・周囲の人に反対されます。

・それでも、今やっていることを続けたいですか?

・やめたかったら、やめても問題ありませんよ。

という季節です。


年間の行動計画(12ヶ月サイクル)において、

「残り9ヶ月間、これを続けますか?」

という問いかけですね。


この時期に、半月も調子が上向かないという事は、明らかに「困難に直面」しています。


「この困難に直面しても、今やっていることを続けたいか?」

という事です。



で、過去3ヶ月(正確には2ヶ月半)を振り返ってみたのですが、特にやりたくないようなことを無理にやってはいませんでした。


強いて言えば、飲み会が多かったことくらいでしょうか?


やはり、通常21時には夢の中、の生活をしていますので、お付き合いの飲み会が続くと、体調が悪化していく様です。


もっと、厳選して参加するようにしないと、同じことを繰り返しますね。



あとは、

「赤字になるのがわかっていて、お付き合いで参加した」

というイベントがありましたが、これはやめた方がいいかもしれません。


やはり、はじめから赤字とわかっていて時間を投資するのは、精神衛生上よくありません(笑)



このように、何か起きた時に、

・その意味を知り

・人生を振り返り

・未来に行かしていく

という、一連の流れが身に付いていると、スムーズに上昇スパイラルに乗ることができます。


この「上昇スパイラルへの乗り方」を知ることができるのが、春夏秋冬理論であるとも言えます。


今回の記事も、ぜひ活用してみてください。

 

小さな会社でも大きなことができる

私の会社のスタッフは、私を含め3人しかいません。


私と妻と、パートさんが1人です。


以前は、社員、アルバイトで30名以上のスタッフがいたのですが、

「多くのスタッフを雇用するのは、自分のスタイルに向かない」

と悟りまして、事業を売却し、現在の体制に移行しました。


「たった3人でやってるんですか?」

と驚かれることもあるのですが、実際にやってみると楽勝です。



まず、昔と違って、パソコンがあります。


パソコンのおかげで、個人の生産性が上がっていますので、昔は大人数でやっていた仕事も、少人数でこなすことができます。



次に、業務内容です。


「少人数でできる」

ということをキーワードにしていますので、そもそも、多くのスタッフを必要とするような仕事には取り組みません。


私も、日々パソコンでやっているのは、

・原稿を書く

・講演資料を作る

・メールをする

・Skypeで打ち合わせをする

・Webサイトの簡単なメンテナンスをする

くらいで、そんなに重い仕事をしているわけではありません。


だからこそ、MacBook Airで、あちこちでノマドできているわけです。



しかし、すべての仕事を3人でやっているわけではありません。


外部のスタッフに頼んでいる仕事も多々あります。


・副業ブログの記事ライティング

・面談のスケジューリング

・講演依頼の受付け、交渉

・経理

etc…


こちらは、多くのスタッフがいますが、ほとんど顔を合わせることがありません。


ライティングをやっているスタッフは、面接の時と、その2年後に会っただけです。


スケジューリングをやっているスタッフは、2年以上会いませんでした。


講演依頼のエージェントは、1回も会ったことがありません(笑)



この体制に移行し始める時は、かなりの勇気が必要でしたが、当時、この本を読んで決意しました。



▼小さなチーム、大きな仕事



世界中に散らばった、たった2桁のスタッフで、数百万人のクライアントを持つ会社、「37シグナルズ」の実践が詰まっています。


先日、この本の続刊とも言える本が出版されたので、再読してみましたが、何度読んでも役に立つ、すばらしい内容です。



その続刊的な書籍がこちら。



▼強いチームはオフィスを捨てる



「リモートワーク」に焦点をあてた書籍です。


「遠隔地のスタッフなんてさぼるのではないか?」

「セキュリティが不安だ」


そんな気持ちが、多くの経営者に、リモートワークの導入をためらわせているのでしょう。


私もそうでした(笑)


しかし、今では、リモートワークを導入して、本当によかったと思っています。


何と言っても身軽です。


時間の無駄でしかないミーティングをやらないで済むというのは、本当にありがたいです。


「緊急のふりをした、後でもかまわない案件」

も来ません(笑)


リモートワークは、すでに導入していたのですが、今回出版された書籍を読んで、さらに考えを深めることができました。



「会社は大きい必要はない」

「スタッフはリモートワークでも問題ない」


本当にそうなのですが、いざ、導入しようとなると、二の足を踏むのも事実です。


そんな方は、ぜひ、この2冊を読んでみてください。


少人数スタッフ&リモートワークを導入すると、本当に身軽で動きがよくなりますよ(^^)



▼小さなチーム、大きな仕事



▼強いチームはオフィスを捨てる

 

メールアドレス

春夏秋冬理論おすすめリンク

Facebook公式ページ

Copyright © 春夏秋冬理論公認講師・西山雄一の実践ノート All Rights Reserved.