人生の季節サイクルを活用して、人生の波に乗る「春夏秋冬理論」公認講師による、春夏秋冬理論の実践記録ノート。
更新情報
  • HOME »
  • 更新情報 »
  • 2014年8月

2014年8月

春夏秋冬理論を意識すると「苦言」も素直に受け入れられる

最近、苦言を言われて、耳をふさいでしまう人を立て続けに見ました。


気持ちはわかります。


私だって、苦言を言われるのはいやです。


「アドバイス」と言い換えれば聞こえはいいですが、

「自分がやっていることを否定された」

と感じる人もいるでしょう。



私も先日、アドバイスという名の苦言をいただきまして、

「よけいなお世話だ!」

と憤っていました。


でも、1週間、2週間と考え続けていくと、それをきっかけとして、自分を飛躍させるアイデアに昇華していったのです。


「このことに気づいた自分は乗れている!」

なんて、1人で喜んでいます(笑)


これは、

「その時は素直に受け取れなかった苦言も、我慢して聞いて、理解しようと努力すれば、いずれその意味が分かるようになる」

と言っているのではありません。


「その苦言をきっかけとして、新たな気づきを得られる」

と言っているのです。


今回、私が受けた苦言についても、その内容をそのまま受け入れることはしませんでした。


「なるほど、そのような考え方があるという事は理解した」

「確かに言われたように、今までとは違う方向に舵を切った方が、自分の成長につながるし、苦言を言ってくれた人との関係もいい形で継続できる」


このように考え、舵取りを行ないました。


今のところ、この進路変更は、いい結果に結びついています。



今回、このような経験をして、

「他人からの苦言に耳をふさぐことは、気づき・成長のチャンスをつぶしてしまっていること」

だと、つくづく感じました。


苦言というのは、ついつい耳をふさぎたくなります。


言った相手を恨むこともあるかもしれません。


しかし、その一方で、

「この経験から何かきっかけを得られるのでは?」

と考えると、まったく違った結果へと結びつきます。


ただし、 「我慢して理解しろ」 と言っているわけではないので、その点だけはご注意ください。



そして、大切なのは、

「なぜ、素直に苦言を聞くことができたのか?」

という事です。


これは、

「春夏秋冬理論における、現在の季節」

というものを意識することによって、素直に聞くことができました。



現在、私の春夏秋冬理論の12年サイクルは、春の1年目です。


12ヶ月サイクルでは、春の3ヶ月目です。


つまり、 「春 & 春」 なんですね。



春夏秋冬理論では、各季節ごとに、「課題」や「強み」というものがあり、これらの情報は、けっこう世の中に広まっています。


その一方で、

「各季節において、注意するべき点」

というものもあるのですが、春の注意点は、

「衝動的にならないように」

なのです。



今回の私のケースであれば、苦言に対して、衝動的になって、

「そんなの聞いてられるか!」

というのはNGなわけです。


パートナーと喧嘩して、ついカッとなって、

「出て行け!」

などというのもいけません。


このような台詞を言った覚えのある方は、振り返ってみると、春夏秋冬サイクルの「春」に言っていることが多いと思います。


今の私のサイクルでは、「春+春」ですから、めちゃめちゃ衝動的になりやすいので、十分に注意しなければなりません。



このようなことを知っていましたので、私は耳に痛いアドバイスでも、心を平静に保って聞くことができたのです。


春夏秋冬理論の各季節には、それぞれの「強み」もありますが、その一方で「弱み」「注意点」といったものもあります。


その点にも意識を向けることによって、より春夏秋冬理論を活用し、「人生の波に乗れる」状態を実現できます。


各季節の注意点についても、講座では詳しくお話ししていますので、ぜひ、学び、活用してみてくださいね。

 

2014年度ライフロジック・パートナー合宿に参加しました。

先週末は、2014年度のライフロジック・パートナーに合宿に参加してきました。


合宿の会場は、以下の書籍で超有名な、埼玉県幸手のグリーンコアさんです。



▼巡るサービス
 なぜ地方の小さなビジネスホテルが高稼働繁盛ホテルになったのか



立地だけをみると、

「なんでこのホテルが高稼働なの?」

と、思ってしまうのですが、実際に滞在してみると、納得します。


何と言うか、派手さはないんですが、

「かゆいところに手が届く」

という言葉の「本当の意味」を体感できる感じです。



また、私は全国を講演で回っているので、あちこちのホテルに泊まってます。


ビジネスホテルですませることもありますが、クライアントさんのご好意で高級ホテルに宿泊することもあります


そんな経験をしている私ですが、グリーンコアさんの朝食は、過去最高に美味しかったです!


私は野菜をメインに朝食をとるのですが、レタスの味がまったく違います!


一緒に合宿に参加した妻が、朝カレーを食べていたので、味見で一口もらいましたが、こちらも標準的ななカレー専門店より美味しい!


あと、ホテルなのに、生ビール(中ジョッキ)が300円で提供される、というのもうれしいサービスでした(^^)


田舎のビジネスホテルが超高稼働になった理由の一端がわかりましたね。


本当に勉強になるホテルなので、サービス業、接客業をを営まれている方は、ぜひ利用してみることを強力におすすめします。



その合宿において、私の役割は、参加者側ではなく、講師側です。


私は、春夏秋冬理論の講座においての重要スキルである、

「自分年表書き込みのファシリテーション」

「自分の春夏秋冬体験を語れるようになるワーク」

についてお話しさせていただきました。


参加者のみなさんには喜んでいただけたようで、ほっとしております。


なにしろ、参加者全員がライフロジック・パートナー(春夏秋冬理論公認講師)ですので、その反応が気になるのです(笑)



また、もう1人、講義を担当された玉川一郎さんのお話しもすばらしく、私自身春夏秋冬理論への理解がさらに深まりました。



▼玉川さんのサイト



2日間でかなり深く学ぶことができたのですが、学んだことの中に、ちょうどタイムリーな知識もあったので、「即役に立つ!」という感じでした。



飲み会大好き!なライフロジック・パートナーらしく、懇親会も盛り上がり、そこでも多くの情報を交換することができました。


最終的に3次会までいったようですが、「毎日21時には夢の中」の私にはしんどいものがあり、1次会で失礼させていただきました(笑)



高額セミナーにも匹敵する学びを得られるこの合宿。


本当に参加してよかったです(^^)



この合宿で学んだことは、さっそく次回の講座で公開していこうと思っていますので、参加される方は、最新ノウハウを楽しみにしていてくださいね!



▼8月29日(金)さいたま市浦和で開催!
 春夏秋冬理論イントロダクション講座2.0

 

メールアドレス

春夏秋冬理論おすすめリンク

Facebook公式ページ

Copyright © 春夏秋冬理論公認講師・西山雄一の実践ノート All Rights Reserved.