人生の季節サイクルを活用して、人生の波に乗る「春夏秋冬理論」公認講師による、春夏秋冬理論の実践記録ノート。
更新情報
  • HOME »
  • 更新情報 »
  • 2016年3月

2016年3月

春夏秋冬理論で中学校受験に合格「した」方法

合格祈願

春夏秋冬理論の活用方法には様々なものがありますが、今回、中学受験にも効果を発揮することを証明しました。

春夏秋冬理論は、この世のすべてに影響を与える自然のサイクルを、誰もが活用できるようになるツールですので、効果があることは自信があったのですが、実際に合格するまでは、どうなることかと思いながら、春夏秋冬理論の指導をしていました。

 

では、実際に、どのような指導をしたのか?

まずはじめにやらなければならないことは、受験生の生まれの季節を把握することです。

春夏秋冬理論では、誕生日からその人のサイクルを算出して、生まれの季節を判定します。

この生まれの季節、というのは、8月に生まれたから夏生まれ、というものではありません。

例えば、この記事を書いている西山は12月生まれですが、春夏秋冬理論では夏生まれです。

ですので、まずは判定ツールを使って、受験されるお子さんの生まれの季節を把握します。

 

生まれの季節を把握するのとによって、その子の基本的な気質、というものがわかります。

その気質に基づいて、受験の指導をしていくようにします。

(※生まれの季節ごとの基本気質については、後日、記事を書いてアップしておきますので、少々お待ちください)

 

続いて、現在過ごしている季節=春夏秋冬サイクル=12年サイクルを把握します。

こちらも、判定ツールで簡単にわかります。

これにより、現在、その子がどのようなエネルギーレベルにいるか?ということがわかります。

(※エネルギーレベルについても、後日、記事をアップしておきますので、少々お待ちください)

エネルギーレベルが低い時に、イケイケな指導をしてしまったら、子供が潰れてしまいます。

逆に、せっかくエネルギーレベルが高い時期なのに、体調のことを考えすぎて、スローペースにしてしまうのは、とても勿体無い話です。

春夏秋冬理論を活用すると、このような間違いが起こらなくなるわけです。

 

今回の受験生は、「秋生まれ」で、小学校6年時は「秋2年目」でした。

秋生まれの秋期ですから、秋生まれの特性がより強くなる時期です。

まず、秋生まれの特性として、

「報告が足らないことが多い」

というものがありますので、本人が言うことだけを鵜呑みにするのではなく、学校の先生からのヒアリング、塾の先生からのヒアリングによって、様子を把握するように努めました。

さらに、学校や塾がおもしろくない、通っているのが辛い、先生が合わない、といったことは、本当のことを言わない可能性があるので、親がセカンドオピニオンのつもりで判断するようにしました。

 

その結果、塾を3つも渡り歩きました。

中学受験のセオリーから考えると、頻繁に転塾するのは、決して褒められたものではありません。

むしろ、避けるべきと言われているようなことです。

しかし、今回の場合は、親は以下のように判断しました。

 

1つ目の塾:

塾全体、担任の先生のレベルも高く、問題がないように思えたものの、成績が伸び悩み。

そこで、よくよく調べ、考えた結果、「塾の教育メソッド」が子供に合っていないとの判断で転塾。

 

2つ目の塾:

前の塾よりもレベルは落ちるが、評判は良い塾。

しかし、夜遅くまで生徒を残す上、大量の宿題を出し、「受験生は睡眠時間を削って当たり前」という教育方針。

春夏秋冬理論の秋期は、12年サイクルの中で1番体力も低下する時期のため、このままでは受験まで体力が続かないと判断して転塾。

 

3つ目の塾:

個別指導が売りで、評判の良い塾。

入塾時に「21時以降は勉強させたくない」とはっきりと伝え、その方針に基づいたカリキュラムを作ってもらうことができた。

 

そして、転塾時には、子供本人に、春夏秋冬理論の秋期の過ごし方として、

「秋は自分に選択権がない時期なので、親のアドバイスは受け入れたほうが良い」

ということを伝え、納得してもらいました。

結果として、転塾したことにより、より受験勉強に集中できるようになりました。

 

その結果、3校受験して、2校に合格!

受験生本人も親も大満足の結果を得ることができました。

 

春夏秋冬理論は、この世のすべてに影響を与える「自然のリズム」を、誰もが活用できるようにするツールです。

子供は、大人よりも敏感ですから、「自然のリズム」の影響を、とても強く受けます。

そんな子供たちだからこそ、春夏秋冬理論を活用した受験指導というのは、効果が高いのでしょうね。

 

お子さんが受験生で、

「自分の子供にも、春夏秋冬理論を使って協力してあげたい!」

とお考えの親御さんや、

「塾の教育メソッドとして、春夏秋冬理論を取り入れたい!」

とお考えの塾経営者の方は、ぜひご相談ください。

私も、1人でも多くの受験生に、春夏秋冬理論を活用してもらって、志望校に合格してもらいたいと思っています。

 

今すぐに春夏秋冬理論を使った受験指導について相談したい方はこちら

まずは、春夏秋冬理論の基礎を学んでみたい、という方はこちら

 

 

春夏秋冬理論ベーシックEX講座を開催しました。

3月12日(土)に春夏秋冬理論ベーシックEX講座を開催しました。

2016-03-12 22.07.09

主催は株式会社アルマクリエイションズ、会場はアクションセンター表参道ということで、春夏秋冬理論の総本山での開催です!

 

今回の講座は、毎月開催しているベーシック講座をベースとしながらも、新パートを追加し、より深く、春夏秋冬理論を学べるように作りました。

1番の違いは、春夏秋冬理論における生まれの季節と、春夏秋冬理論を活用したコミュニケーション、マネジメントを盛り込んだことです。

 

良い講座を作ることができた、という自信はあったのですが、初公開の講座でしたので、受講生さんの反応はきになるところでした。

しかし、実際に始めてみると、その不安は杞憂に終わりました。

 

みなさん熱心に、ワークに取り組まれています。

2016-03-12 22.06.57

 

ただ、予想外だったこともあります。

私が予想していた以上に、春夏秋冬理論を活用したコミュニケーションとマネジメントへの興味が大きかったですね。

春夏秋冬理論のビジネス活用というと、攻め時と守り時を理解して、波に乗っていく、という活用が1番の基本なのですが、ビジネスがある程度成長していくと、みなさん、マネジメントの壁にぶつかるようです。

 

春夏秋冬理論を活用すると、

・夫婦間のコミュニケーション

・子供とのコミュニケーション

・上司とのコミュニケーション

・部下のマネジメント

・取引先との交渉

といったことを円滑にすることが可能です。

実際、我が家では、子供の成績向上などに、春夏秋冬理論を活用しています。

今回の講座では、この辺りもカバーしていますので、お役に立てたのではないかと思います。

 

ただ、反省点なのですが、タイトルを間違えたかもしれませんね。

「春夏秋冬理論の活用の基礎」という意味で、「ベーシック」とつけているのですが、講座受講後に得られる効果を考えると、全然「ベーシック」ではありません。

もっとスペシャルな感じでも問題ないかもしれません。

集客にも影響する部分ですので、セミナータイトルに関しては、一考する必要がありますね。

受講生さんと関係者の皆様の意見を聞きながら、考えていきたいと思います。

 

次回の開催は、タイトルの変更だけでなく、内容についても、より洗練されたものを提供するつもりです。

夏前くらいには開催したいですね。

準備頑張ります。

 

 

春夏秋冬理論ベーシックEX講座を開催します。

最近、本気でお手伝いしてくれるドロイドが欲しいです。 

bb8&r2d2

こんな感じの、有能で献身的なドロイドであれば、言うことなしですね(笑)

「忙しいアピール」をするつもりはないのですが、あまりにもブログ更新やメルマガ配信が滞っていると、

「体調が悪いのでは?」

などという噂がまわりはじめるので、生存報告を兼ねて、「忙しいアピール」をしておきます(笑)

 

昨年後半から、コンサルティング業務を解禁したので、少々忙しくはなっていたのです。

しかし、12月に入った瞬間から、怒涛のスケジュールになってしまいまして、それが年を越して、1月、2月も続いています。

なぜかと考えてみると、

「私にとって、12月、1月、2月は、春夏秋冬理論の12ヶ月サイクルにおける秋期」

なのです。

 

「秋期」というのは、12年サイクルなら、そこまでの9年間、12ヶ月サイクルであれば、そこまでの9ヶ月間の成果がやってくる時期です。

その時期に忙しくなってきたということは、昨年やってきたことは間違ってはいなかった、と捉えています。

やったー!

しかし、忙しくなったのはいいのですが、そのおかげで、PTAなどの、ビジネスではない地域貢献活動に割く時間が、まったくなくなってしまいまして、周囲の皆様に、ご迷惑をかける状態になっています。

その辺りは、今後改善する必要があると、深く反省していますm(_ _)m

 

そうは言っても、私はビジネスマンですので、仕事が忙しくなって、稼ぐことができるのは、とても嬉しいです。

私の仕事は、

「クライアントの利益を最大化する。
 そして、自分も適正利益を得る」

ということを、絶対のルールとしていますので、私が忙しいということは、クライアントの利益を大きくすることができている、ということです。

その点も、とても嬉しいですね。

昨年は今まで以上に、「春夏秋冬理論のサイクル」を意識して過ごしてきました。

その結果、ビジネスが伸びてきている、というのは、春夏秋冬理論の専門家としても、面目躍如といったところです。

 

このように、ビジネスにも大いに活用できる春夏秋冬理論を、今年はさらに広げていきます。

その一環として、新たな講座を開催することとなりました。

今まで、春夏秋冬理論の講座は、

「春夏秋冬理論ベーシック講座」 (以前の名称はイントロダクション講座)

を中心に開催してきました。

ベーシック講座では、その名の通り、春夏秋冬理論の基礎を学ぶことができる講座で、春夏秋冬理論の中心概念である、

「人生の12年サイクル」

を知ることができます。

 

しかし、春夏秋冬理論で大切なのは、12年サイクルだけではありません。

「春夏秋冬理論における生まれた季節」

というものがあり、この「生まれ」を活用することにより、コミュニケーションやマネジメントを円滑にすることができます。

この「生まれた季節」は、最初期のイントロダクション講座には入っていたのですが、

・いきなり学ぶと難しすぎる
・時間が足りなくなる
・教えるにあたって、高い講師スキルが必要になる

などの理由によってカットされ、現在に至っています。

 

今回、新たに講座を構築するにあたって、この「生まれの季節」の基礎をきっちりと学べるように設計し、

「春夏秋冬理論ベーシックEX講座」

を開催することとなりました。

また、この講座は、今までのように、弊社が主催するのではなく、春夏秋冬理論の開発者である、神田昌典先生の会社、株式会社アルマクリエイションズの主催となり、 「春夏秋冬理論のオフィシャル講座」 として開催されます。

▼春夏秋冬理論ベーシックEX講座

 

今までも全力で講座に取り組んできましたが、今度は「オフィシャル講座」ですので、全力以上の全力を出さなければなりません。

また、春夏秋冬理論のオフィシャル講座は、このベーシックEX講座以外は、受講料300,000円(税別)!の「ライフロジック・パートナー講座」しかありませんので、

「お手頃価格で春夏秋冬理論を学びたい」

という方にも、おすすめの講座です。

 

新講座ということで、私も気合が入っています。 多くの方のご参加をお待ちしています!

▼春夏秋冬理論ベーシックEX講座

 

メールアドレス

春夏秋冬理論おすすめリンク

Facebook公式ページ

Copyright © 春夏秋冬理論公認講師・西山雄一の実践ノート All Rights Reserved.