人生の季節サイクルを活用して、人生の波に乗る「春夏秋冬理論」公認講師による、春夏秋冬理論の実践記録ノート。
更新情報
  • HOME »
  • 更新情報 »
  • 2016年7月

2016年7月

熊本で復興支援の講座を開催しました!

2016-07-26 07.52.55 熊本にうかがい、熊本の復興支援を目的とした、春夏秋冬理論の特別講座を開催しました。

可能な限り、今回の地震を経験された地元の方に参加していただきたかったので、私が行う告知は最低限に留め、地元の協力者に集客をお願いしました。

結果、協力者ががんばってくれたおかげで、「集客期間2週間」「平日、それも月曜の夜」という悪条件にもかかわらず、30名定員の会場は満席!
2016-07-26 07.52.45

今回の講座では、春夏秋冬理論を「タイミングをつかむためのツール」としてではなく、「リフレーミングツール」としての部分に焦点をあててお話しました。

リフレーミングとは、

「ものの見方、捉え方を変えること」

です。

ネットにあった解説が分かりやすかったので、転載しておきます。

リフレーミング(reframing)とは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ることを指す。
元々は家族療法の用語。
西尾和美「リフレーム 一瞬で変化を起こすカウンセリングの技術」によると、
「リフレームの目的は、今までの考えとは違った角度からアプローチしたり、視点を変えたり、焦点をずらしたり、解釈を変えたりと、誰もが潜在的に持っている能力を使って、意図的に自分や相手の生き方を健全なものにし、ポジティブなものにしていくことです」
とのこと。
ウィキペディア

つまり、今回の講座の目的は、リフレーミングツールとしての春夏秋冬理論を使って、

「今回の熊本地震は、自分にとって、どのように受け止め、どのような意味を見出すことができるのか?」

「今回の地震の体験をプラスに作用させ、人生のステージを上げることができないか?」

ということを考えていただくことなのです。

当日の受講者層を自分の目で確認してから話す内容を決める必要もあったため、講座の内容はぶっつけ本番です(笑)

「そんなことができるのか?」

と思われるかもしれませんが、伊達に10年以上、講演で全国を回っていませんし、春夏秋冬理論の講座に関しては、「日本一の開講数」を誇っていますので、それらの経験が、このようなときに役に立ちます。(ちょっとだけ自慢です(笑))

受講者さんの反応を見ながら、講座を組み立てていきましたが、はじめは懐疑的だった人も、講座が進むにつれ、熱心な表情になっていき、講座終了後には、多くの方からご質問をいただきました。

「今まで知らなかった生きる知恵」に触れ、キラキラした表情をした方々の質問にお答えするのは、本当に楽しかったです。

今回は、

「地元の方に、リフレーミングを知ってもらう」

という目的でしたので、熊本で開催しましたが、次回は、

「首都圏の善意・お金を、熊本に送る」

という目的で、東京でも開催してみようかと思っています。

 

 

【熊本復興支援】春夏秋冬理論特別講座を開催します!

阿蘇神社被災状況先日、まだまだ復興には程遠い、東北の被災地を視察してきました。

その経験から、

「復興には時間が掛かるし、多くの人の手助けが必要。

 各々が自分にできることで支援していかなければならない。

 東北に対しても、熊本に対しても、できることを継続していこう」


との考えを強くしました。 


そんなことを考えている時に、ちょうど熊本で被災されたクライアントさんとの電話コンサルティングがあり、話の流れで、

「熊本で復興支援講座として、春夏秋冬理論の講座を開催してはどうか?」

というアイデアが出てきたのです。


少し考えましたが、春夏秋冬理論のリフレーミング(ものの見方を変える)ツールとしての部分を活用すれば、熊本の皆さんのお役に立てるのではないか?と考え、急遽、開催を決定しました。


【熊本復興支援】春夏秋冬理論特別講座


この講座では、受講生さん各人にとって、

「今回の地震の体験を、どのように受け止めると、人生を次のステージ押し上げる原動力とすることができるのか?」

ということに注目してお話したいと思っています。

受講生さんたちが経験したことを、人生の次のステージに上がるためのエネルギーに変換しよう、ということです。


春夏秋冬理論は「予測ツール」であると同時に、「リフレーミングツール(ものの見方を変える)」でもあるのです。


例えば、春夏秋冬理論の夏期。

とても勢いのある時期です。

春夏秋冬理論をちょっとかじっただけの人ですと、

「私は現在夏期だから勢いがある!幸運期!」

で、終わってしまいがちですが、その夏期に交通事故にあったらどう解釈するのでしょうか?

「春夏秋冬理論なんて嘘だ!」

となるのでしょうか?


このような場合、私であれば、

「夏期のエネルギーが高まりすぎた結果、暴走状態に陥った。

 しかし、この人は春夏秋冬サイクルを意識した結果、人生の波に乗れていたので、『自動ブレーキ』が働いた。

 それが交通事故という事象で現れた」


と解釈することがあります。


実際、その人の過去のサイクルを確認してみると、事故にあったことによって、暴走が止まり、その後の人生の流れが良くなっていたりします。

このことを知ると、運が悪いと思っていた事象が、実は人生の波に乗れていたから娘を起こった事象、となります。

これが、リフレーミングツールとしての春夏秋冬理論です。


今回、私が熊本まで出向く交通宿泊費については、一緒に「大家さん学びの会」を運営している水澤健一さんが協力を申し出てくれまして、株式会社学びの会(「大家さん学びの会」の運営法人)がスポンサーとして負担してくれることになりました。

こういう時の仲間の協力は、本当にありがたいです。


受講料については、少し悩んだのですが、

「できるだけ多くの方に参加していただきたい」

「だけど、エネルギーをきちんと回す、という面からは、いくばくかでも課金した方がいい」

という2つの考えの着地点として、「お気持ち制」とさせていただくこととしました。

お支払いが厳しい方は無料でかまいませんし、余裕がある方は数万円でもかまいません(笑)

当日、お支払いただける金額をお支払いいただきます。

もし、予想以上にお金が集まった場合は、会場費など必要経費の支払いに充当させていただき、あまった分は、阿蘇神社の復興支援にご寄進させていただきます。


【熊本復興支援】春夏秋冬理論特別講座


私の仕事は、不動産コンサルタントと、ライフサイクルコンサルタントです。

5年前の震災時は、不動産コンサルタントとして、被災者の仮住まいの確保に力を注ぎました。

今回は、ライフサイクルコンサルタントとして、人生のリスタートをお手伝いできればと思っています。

熊本はもちろん、九州のエリアの方は、ぜひご参加ください!


【熊本復興支援】春夏秋冬理論特別講座

 

メールアドレス

春夏秋冬理論おすすめリンク

Facebook公式ページ

Copyright © 春夏秋冬理論公認講師・西山雄一の実践ノート All Rights Reserved.